画像
ラジエター交換

ダイハツ ミラジーノ (DBA-L650S)
ラジエターの劣化による、エンジン冷却水漏れ

エンジン冷却水の漏れ修理です

 エンジン冷却水の漏れ修理です

フロントバンパーなどを外し、ラジエター(エンジンの冷却装置)の劣化による水漏れが判明。
まだオーバーヒートする前だったからよかったですが、一歩遅ければエンジンが死ぬところでした。
このラジエターが、エンジンの冷却上、非常に重要な役割をしています。
早速、ラジエター交換の手配をしていきます。

冷却水を抜きます

 冷却水を抜きます

ラジエターの中には
「不凍液=ロング・ライフ・クーラント」
    (業界用語でLLCといいます)
という特別な液体が入っています。

このLLCがエンジンなどを循環し、
冷却効果をもたらしていますが、
前方から風を受ける+ラジエターファンにより、LLCを冷やす役割なのが、「ラジエター」なのです!

LLCは、冷やす効果以外に、
錆びない、凍らない効果もあり、
通常ですと車検ごとに交換する液体です。

ラジエター取り外し作業

 ラジエター取り外し作業

ラジエターファンなどの付属部品を外していきます

ラジエター取り外し

 ラジエター取り外し

やっと取れました

取り寄せた新品(左)と劣化品(右)

 取り寄せた新品(左)と劣化品(右)

見た目でも劣化具合がわかりますね。
最近では、べらぼうに高価なメーカー純正でなく、
安価な社外品が販売されていますので、そちらをお客様にご提案し交換します。

この車の純正品は72,600円ですが、社外品ならなんと18,000円!

それでも予算が厳しければ、もっと安い中古品もありますが
中古につきノークレームなのであまりお勧めしませんね。

新品ラジエターの取り付け

 新品ラジエターの取り付け

取り付け時にキズつかないよう、
カバーをしてゆっくりと挿入します。

付属部品など取り付け

 付属部品など取り付け

ちなみに、ラジエターのすぐ前についている、
ラジエターと同じような四角い部品は、
「クーラーコンデンサー」(黒い部品)
といって、クーラーを効かすための冷却装置です。
この中にはクーラーガスが循環しています。
こちらも参照ください↓ ↓ ↓ 
http://www.yushin-j.com/shaken_82.html


不凍液(LLC)の注入

 不凍液(LLC)の注入

新たに冷却水を注入します。
エンジンの調子やクーラーの効き具合など、各部チェックもしていきます。

少しずつ入っていきますよ!

 少しずつ入っていきますよ!

注入口が小さいので、適量を入れるのに
結構時間がかかります。

最後にフロントバンパーなどの外装を取り付けて・・・

 最後にフロントバンパーなどの外装を取り付けて・・・

不凍液によって、ボディー塗装がシミになってしまうので
漏れていたところを含め、全体的に洗車します。
これで修理完了!
(以上税別)




無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
082-263-0463
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

車検の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!