画像
ドライブシャフト・ドライブシャフトブーツ交換

  • HOME
  • 車検
  • ドライブシャフト・ドライブシャフトブーツ交換

ドライブシャフトからの異音で交換

ドライブシャフトとは?

 ドライブシャフトとは?

エンジンの動力を車輪に伝えるために用いられる回転軸のこと。
業界的に「ドラシャ」と略します。これが経年劣化でよく鳴く?んです。


どこについているかと言うと・・・

ここについてます。(タイヤホイールの内側)

 ここについてます。(タイヤホイールの内側)

直進走行は何の問題もないけど、ハンドルをきって曲がる最中に足回りから
「カタカタカタ・・・」と乾いた異音がしたら、この部品が壊れています。
ほっとくと最終的に折れますし、結構大きな異音なので、
それを聞いた歩行者からの冷たい視線が痛いです(笑)

これが俗にいう 「ドライブシャフトの鳴き」 です!

蛇腹ゴム(「ドライブシャフトブーツ」という部品)の部分が、
人間の手首のように自在に回るようになっており、
このゴムの中には潤滑グリスが満載されています。

しかし、グリスの性能が落ちてきたり、グリス自体が隙間からはみだして無くなっていたりすると、
金属同士の摩擦がひどくなって、内部から異音が出始めます
人間でいうと、軟骨が無くなって骨と骨がきしみ合ってる状態です。

こちらのユーザー様も、この症状で修理依頼されました。
これからこの部品を交換していきます。

まずは、いろんな部品を取外します

 まずは、いろんな部品を取外します

タイヤホイールはもちろん、ブレーキローター、各カバー・フレームなどなど

ようやくむき出しになり・・・

 ようやくむき出しになり・・・

ドライブシャフト抜き取り完了

 ドライブシャフト抜き取り完了

新しいドライブシャフトを取り付けて・・・

 新しいドライブシャフトを取り付けて・・・

ブレーキローターなども取り付けていきます。

周辺部品の取り付け

 周辺部品の取り付け

分解した各部品を取り付けていきます。

ドライブシャフト交換完了①

 ドライブシャフト交換完了①

最後にタイヤホイールを取り付けて完了!

ドライフシャフト交換完了②

 ドライフシャフト交換完了②

写真右のドラシャを交換しました

新品に換えればビックリするほど高い部品なので、

リビルト品」という安価な中古再生品に交換しました。
2年間あるいは2万㎞もの保証が付くので実質新品と同じです。

以上の交換作業、車種にもよりますが3万円ほどの修理代です。
  

異音はせずに「ドライブシャフトブーツ」が破れただけなら?

 異音はせずに「ドライブシャフトブーツ」が破れただけなら?

蛇腹状のゴム部分が裂けて、中の潤滑グリスが漏れ出しています。
この状態だと車検も通らないし、このままほっとくと異音が出始めて、
「ドライブシャフト」ごと交換になります。

この初期段階なら、「ドラシャブーツ」の交換だけで済みますよ。
交換料金は車種によりますが、大体15,000円以内です。
車検や12か月点検時(車をリフトアップする時)に発覚することが多いので、
その時に同時修理なら、工賃割引きがあります。

(以上税別)

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
082-263-0463
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

車検の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!