画像
ブレーキローターの研磨、ブレーキパットの交換

  • HOME
  • 車検
  • ブレーキローターの研磨、ブレーキパットの交換

車検のご依頼時に、「ブレーキの異音とブレーキ警告灯が点灯している」ということしたので、同時に修理をお受けしました。

ブレーローターの削れ、研摩へ

 ブレーローターの削れ、研摩へ

写真は左フロントタイヤを外したところ。
ブレーキローターがえらいことになってました。(写真中央)

無残なブレーキローター

 無残なブレーキローター

横から見たら分かりますが、まるでレコードのような深い横溝が入っていますね。
これは異常です!
なぜこうなるのかというと・・・

原因はこれです!

 原因はこれです!

無残なブレーキパット。
パットを使い果たし、ベース部まで削ってます。

新品と見比べてください

 新品と見比べてください

左が新品。右が異常。

横から見たら・・・

 横から見たら・・・

このアングルで分かりますね!
残りパットが全くなかったことが!

通常使用の限界は・・・

 通常使用の限界は・・・

あと1~2㎜!
ここまで使ったら限界です!
(他車で交換したサンプルです)

ブレーキローター研摩後

 ブレーキローター研摩後

削れ具合がまだ初期状態だったので、新品交換せず、研摩をするだけで済みました。
ツルツルのピカピカになりました。
新品交換するより断然安いですよ~

新品ブレーキパットの取付け

 新品ブレーキパットの取付け

車のブレーキの仕組みは・・・

 車のブレーキの仕組みは・・・

ブレーキローターにブレーキパットを擦らせて、
摩擦でブレーキをかけるんです。
自転車のフロントブレーキとほぼ同じ原理ですね。

修理完了!

 修理完了!

あとはタイヤを取付けて、車をお引き渡し。
お客様に大変喜んでいただきました。ありがとうございます。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
082-263-0463
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

車検の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!