画像

  • HOME
  • 板金塗装
  • 板金塗装修理事例 広島市 佐伯区 ヴィッツ リア周辺 交換 修理

広島市 佐伯区 I様 トヨタ ヴィッツ (DBA-KSP90)
リア廻りの損傷

 後続車の追突によるリア廻りの事故

外見では、リアハッチ(リアゲートともいいます)、リアバンパーの交換が見て取れます。
リアバンパーの左右から突き出たフレームを見ると、
内部(リアパネルやフロアパネル)もかなり歪んでそうです。

 どこまで修理すべきなのか?

現状で見える部品を外してみてから、内部の損傷を修理していきます。

 テールレンズとボディー

ずれてますね。テールレンズもヒビが入ってましたので交換です。

 すべての部品を外すと・・・

リアハッチやリアバンパーを外し、さらにリアパネルを切断して、スケルトンの状態。
スペアタイヤを収めるスペース(フロアパネル)も歪んでいます。
これから、それらの板金を済ませて、新品のリアパネルを溶接していきます。

 完成①

とてもきれいな仕上がりとなりました。

 完成②

 完成③

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
082-263-0463
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!