画像
タイロットエンドブーツ 交換

  • HOME
  • 車検
  • タイロットエンドブーツ 交換

タイロットエンドブーツが裂けてグリス漏れ

ブーツが裂けてグリスがはみ出しています

 ブーツが裂けてグリスがはみ出しています

この状態では、車検は通りませんので交換となります。

このゴムの中にグリスが充満しており、潤滑の役割をしています。
ハンドルを切るたびに、ここのゴムに負担がかかっていまして、
劣化すると、写真のように亀裂が入ります。
その中のグリスが無くなるとどうなるか?
この部分が固着して折れたりするかも?

フロントの左、足廻りです。

 フロントの左、足廻りです。

リフトアップして、タイヤを外した内側にある部品です。

ブーツの取り外し作業①

 ブーツの取り外し作業①

専用工具を使って、外していきます。

ブーツの取り外し作業②

 ブーツの取り外し作業②

下からマイナスドライバーでコネコネ

ブーツの取り外し作業③

 ブーツの取り外し作業③

取り外しできました。

新しいブーツの取り付け

 新しいブーツの取り付け

十分な量のグリスを塗りこんで、
新品のタイロットエンドブーツを破らないように慎重に取り付けていきます。
ここがキモ!

組付け作業

 組付け作業

あとは、元どおりに組付けるだけ。
上のナットを、トルクレンチを使って規定の力で締めつけて・・・

ボルトにピンを差しこんで完成!

 ボルトにピンを差しこんで完成!

作業時間は約30分です。
今回は12ヶ月定期点検にて見つかった不具合箇所でした。

そもそも、車検の時しか整備をしないと、丸々2年間は何も整備しないことになりますよね。
年間走行距離が多い方やあまり車に詳しくない方は、
車検した1年後の<12ヶ月定期点検>をおススメしますよ。

ちなみに右側は?

 ちなみに右側は?

亀裂は入ってますが、グリス漏れはありませんので様子見としました。
1年後の車検時には交換しないといけないかもしれませんね。

この車種はブーツだけを換えられるんですが、タイロットエンドが分解できない一体型になっている車種もあります。そうなると部品代も高いし、取替え工賃もかかります。

そんな車はご愁傷様です・・・

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
082-263-0463
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

車検の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!